Success Interview 5

「プログラミングが世界を広げてくれた」中学2年生がプログラミングで見つけた夢とは?

佐藤 美桜

中学2年生。小学校の頃からパソコンに触れ、中学1年次からProgateでプログラミングの勉強を開始。HTML&CSSやJavaScriptなど、フロントエンドを中心に勉強している。

Interview Summary

「プログラミングが
私の世界を広げてくれました」

今回インタビューしたのは中学2年生、佐藤美桜さん。Progateでプログラミングを独学し、自らHPを制作するなど、プログラミングを通して可能性を広げています。「プログラミングが世界を広げてくれた」と語る佐藤さんにとって、プログラミングとはどのような存在なのでしょうか?

小学校の頃から触っていたPC

プログラミングに触れたきっかけを教えてください。

もともとパソコンで音楽を作っていて、パソコンで何かを勉強したかったのでプログラミングに興味を持ちました。

パソコンは小さい頃から触っていたんですか?

小学校3年生の頃くらいから触っていました。

同年代の子はテレビゲームを好きな子が多いのですが、私が好きだったのは自分で見つけたパソコンゲームでした。音楽ソフトをいじって曲を作ったこともあります。小学校4年生の頃には自分で家のWi-Fiの設定もできるようになっていました。そうやってパソコンを触るうちに、パソコンを使って勉強をしてみたいと思ったんです。

そう思っていた時に、お母さんの知り合いに、「パソコンで勉強するならプログラミングはどう?」と教えてもらいました。その時に紹介されたのがProgateです。

Progateはどのくらい利用されましたか?

一昨年の11月から初めて、半年くらい家やスタバで一人で勉強していました。JavaScriptとHTML&CSSを中心にやっていて、最近はSassもやってみようかなと思っています。

プログラミングに触れた感想を教えてください

始める前のプログラミングのイメージは、「頭良さそうな子がやっているな」くらいだったんです。「私がやるものじゃないのかな?」と思っていました。 でも実際にやってみると「プログラミングって楽しい!」と思えるようになりました。

もともと学校では数学がすごく好き、小さい頃からパズルも結構好きだったんですけど、プログラミングも感覚が似ているなと思います。

パズルや数学のように、一つ一つパーツを組み合わせる感覚が似ていて、抵抗感なく進められました。

どの言語が一番夢中になって続けられましたか?

HTML&CSSが一番楽しかったです。自分が書いたコードがすぐにWebサイトになっていくのがとにかく楽しくて、何回も復習しました。

Progateは演習をやっていてわからなくなった時にすぐにスライドに戻れるところがいいなと思います。一つ一つの演習が短いのでサクッとできるし、「空き時間に少し進めよう」と思えます。 Progateは初めてプログラミングを触るという人におすすめです。自分も最初にProgateでプログラミングに興味を持てたことで、もっとプログラミングを極めたいという気持ちになりました。

Progateをやり終えた後、プログラミングの勉強はどのようにしましたか?

公開はしていないんですけど、2、3個くらい自分が好きな音楽アーティストさんのHPを作りました。他にも水族館をテーマに、デザインを凝ったサイトを作りました。JavaScriptを使って、ボタンを押すと画面が自動でスクロールするようにしたり、サイト内に動きをつけています。

Progateの他にもLife is Tech!というプログラミングスクールにも通っていて、そこではWebデザインコースを勉強しています。

プログラミングは私にとって世界を広げてくれるもの

佐藤さんにとってプログラミングはどのような存在ですか?

私にとってプログラミングは世界を広げてくれるものです。

ちょうど取材を受ける前もLife is Tech!の友達と遊んでいました。

学校ではプログラミングの話題が出ることはあまりないんです。でもプログラミングをやっている人同士なら、共通の話題があるのですぐに友達になれます。

学校外の友達が増えたことで、学校で困ったことが起きても相談できる場所もできました。最近は日本人以外の繋がりもできています。

ものづくりに興味を持つことができ、学校では学べない技術がついたとも思います。学校の友達ができないことができるようになって、自信もつきました。

プログラミングを勉強したおかげで、今まで知り合えなかったような友達や新しい技術と出会い、まだ自分が知らない世界があることを知りました。

いろんな人と出会ったことで、価値観をいろんな方面から持てるようになりましたし、 将来の夢もできました。

どのような夢なのでしょうか?

Webデザイナーやデザイン系の仕事ができたらなと思っています。そのためにも、大学はものづくりやデザインが学べる大学に行きたいです。そのために、行きたい大学を見つけて頑張って勉強したいと思っています。

佐藤さんが考えるプログラミングの楽しさを教えてください。

プログラミングで何かを作るのは大変なんですが、できた時の達成感がすごくあります。自分で作ったものを周りの友達にみてもらえることが一番楽しいです。

プログラミングを勉強しようと思っている初心者の人に向けてメッセージをお願いします

プログラミングって、思ってるより気軽にできることだと思うので、一度はやってみて欲しいです。

「Swiftやりたいな」みたいに、自分で勉強するプログラミング言語をなんとなくでもいいので決めて、それを一回やってみるのがいいと思います。

プログラミングはやったことがないけど映像制作はしているという人にもお勧めしたいです。

Webデザインでは、例えば映像を背景にするとかで活かせます。他のスキルがあるだけで自分ができることの幅が増えていくので、プログラミング以外に好きなものがある人にもやって欲しいと思います。

佐藤美桜さんのお母さんから、プログラミングを学習している娘さんについてお話を伺いました。

子供がプログラミングに興味を持てそうかProgateで気軽に試せたので、親としても助かりました。

私はプログラミングの世界を知らなかったですし、今、プログラミングが大学生に必要なスキルになっているということも知らなかったので、親として子供に何をさせてあげればいいのかわからなかったんです。そんな時、最初から高額のソフトを買ったりする訳ではなく、手軽に始められるProgateがあって助かりました。

最初にProgateをやってみてプログラミングを楽しめていそうだったからこそ、プログラミングスクールにも行かせてもいいかなと思えました。 Progateは、子供がプログラミングに興味を持てそうかどうかをまずは試せて、興味が持てたら更に広げてあげるための糸口 となるものだったので、親にとってもすごく良かったと思います。

美桜さん、お母さんありがとうございました!

お子さんにプログラミングの勉強を考えているお母さんお父さんにぜひこの記事をシェアしてください。

Progateではじめれば、
なりたい自分に近づける。

さっそく始めよう。1分後、プログラミングの世界でお会いしましょう。

Interview pc